【赤ちゃん向け】おすすめのおもちゃ5選!実際に我が家が使って良かったもの!

どんぐりのおもちゃ 保育・知育

どうも、凪(ナギ)です。(@nagimd178)

赤ちゃんが生まれると、とにかく色んなモノを用意しなければなりません。

その中でもおもちゃはピンキリでしょう。

赤ちゃんのおもちゃって何をどう選んだらいいか分からない・・・
教育方針や月齢によって違うからね~

新生児はともかく、首がすわってくる生後3か月あたりから色々とおもちゃが必要になってきます。

そこで今回は月齢別におもちゃを選ぶポイントや実際、我が家も使ってるおもちゃも含めて紹介します!

こんな人に読んでほしい!

・知育おもちゃに興味がある

・どんなおもちゃが人気なのか迷ってる

 


 

スポンサーリンク

赤ちゃんにおもちゃはいつ頃から必要なのか

おもちゃで遊ぶ赤ちゃん
赤ちゃんのおもちゃって、いつから使えるの?
特にないよ。新生児でも使えるおもちゃとかが良いよ

基本的にいつからおもちゃを始めるというのはありません。

おもちゃはピンキリで、新生児の時から使えるおもちゃがありますから、まずはそういったものから使うと良いでしょう。

後ほどで紹介しますが、新生児はもちろん、ハイハイの時期に使えるおもちゃなどがあります。

最近「知育」というワードが流行しています。

簡単に説明してしまえば、「自分で物事を考える力を伸ばす教育」のことです。

単純な教育とは違い、知能を育てるわけなので、これからのAI時代において必須能力と言えるでしょう。

僕は知育に関してはこのサイトを参考にしています。ぜひご覧になってください!

 


 

赤ちゃんのおもちゃを選ぶポイント

おもちゃで遊ぶ赤ちゃん
どんなおもちゃを選べばいいの?
月齢に合わせて考えた上で、購入だね

選ぶポイントは赤ちゃんの月齢を考えましょう。

ざっくりですが、月齢別におもちゃの選び方をまとめてみたので、参考にしてくださいね。

0~3カ月

まだこの頃は首がすわってなく、いわゆる「ねんね期」です。

目でモノを追っかけたり、見つめたりする時期ですが、視力がまだ未発達です。

音・色・動きが分かりやすいおもちゃがぴったりです。

4カ月~6か月

この頃になると、寝返りが出来るようになってきます。

握力も付いてくるので、自分の手でしっかりとモノを握れますから、ボールやガラガラといった小さくて掴みやすいものが適しています。

それに自我も芽生えてきて、感情が出てくるようになってます。

絵本を読み始めるのもOK。

7カ月~1歳

この頃はハイハイができるようになってくるので、親としては目が離せない時期です。

目に映ったものに対して、赴くままに、赤ちゃんは好奇心旺盛です。

その好奇心を満足させてあげられるかが重要なので、積み木や乗り物おもちゃなどが良いでしょう。

おもちゃの構造が分かる頃なので、いろんなおもちゃを試してみたいですね。

1歳から1歳半

この頃になると、ひとりでよちよち歩きが出来る時期になってきます。

人間の脳は1歳までかなり急成長を遂げます。

したがって身に付けた思考力をさらに深める時期がこのタイミングなのです。

乗り物のおもちゃや歩行器などが良いでしょう。

歩き出すからには安全面を配慮したおもちゃを選びたいところですね。

1歳半から2歳

ここまで来れば、赤ちゃんは卒業でしょう。

とは言ってもまだまだおもちゃは必要ですが、社交性を身に付けているので、より複雑でストーリー性にあるおもちゃが好まれます。

三輪車、パズルなど、それ以外にもこの対象時期のおもちゃはたくさんあります。

ぜひお子様が興味を示すようなものを買ってあげましょう。

 


 

おすすめの赤ちゃんのおもちゃ5選

どんなおもちゃがオススメなの?
実際に僕ら夫婦が使ってるのも含めて紹介するね

フィッシャープライス 3WAYニューボーン・トドラージム

フィッシャープライス 3WAYニューボーン・トドラージム(CCB70)

我が家もこれと同じものを購入して、今も使っています。

ずっと同じ天井ばかり見つめていても、赤ちゃんからしたら退屈でしょうからね(笑)

月齢に合わせて使い方を変えるので、3歳くらいまでなら全然使えます。

まだ首もすわっていない「ねんね期」なら吊るされているおもちゃが良いでしょう。

お米のおもちゃ

このおもちゃの原料はお米なので、口に入れても安心安全です。

ピープルという会社の専門特許で、いろんなセットを販売しています。

自分たちで使うのもよし、出産祝いに送るのもよしなので、とにかく喜ばれること間違いないですね!

我が家もこれを使ってますが、手触りが良く、子どもも好きな表情をしてますね~

ドッツカード

ドッツというのは点(dot)のことで、点が散りばめられているカードを瞬間的に見せる遊びです。

そうすることで、人間の右脳を伸ばせるわけです。

右脳が発達している人は計算が早いのが特徴です。

将来、算数や数学に強くさせたいのなら、0歳から始められるドッツカードはぜひやって欲しいです。

オーボール

オーボールは初めて赤ちゃんに与えるおもちゃとしては鉄板中の鉄板でしょう。

この作りが赤ちゃんの手でも掴みやすい構造になっています。

小さいころから指先を使わせることが知育の第一歩です。

アンパンマン おおきなよくばりボックス

誰もが大好きなアンパンマンの知育玩具です。

我が家もこれを購入しましたが、多分僕の子どもはまだアンパンマンを認識していません(笑)

きっとこの真ん丸なフォルムが子どもを魅了するのでしょう。

これはアンパンマンのデザインだけではありません。

指先を遊ぶ工夫を随所に施されており、飽きないものとなっています!

 


 

赤ちゃん用おすすめのおもちゃまとめ

赤ちゃんのおもちゃって、何を買ったらいいか迷います。

僕ら夫婦もそうでした。

鉄板のモノから妻が直感でコレ!といったものまで・・・

あまり数を多くせず、本当に必要なものだけを買ってきました。

今回はその一部を紹介したので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

我が家も知育玩具はこれからもドンドン活用していきますよ!