【必需品】離乳食のすり鉢を買うべき理由!落ちにくい汚れの落とし方とは?

すり鉢 離乳食

どうも、凪(ナギ)です。(@nagimd178)

離乳食は作るのに必ず調理器具が必要になります。

器やスプーン裏ごし器などなど・・・

でも毎日使っていて、気付いたら「あれ?色が映ってる・・・」なんてことありませんか?

特にすり鉢はつぶすから青菜系だと緑色に汚れるんだよね
でも保管方法にコツがあるんだよ

すり鉢と裏ごし器は離乳食初期を主に使います。

中期になって、モグモグ期になれば、すり鉢を使う場面は出てくるでしょう。(初期でも全然OK)

器が汚れていると、衛生上よくですし、赤ちゃんにとってもあまり良い気がしないでしょう。

この記事ではすり鉢の保管方法や使うときのポイントなどをまとめています。

 

この記事で分かること

・衛生的に使うには熱消毒

・離乳食のレパートリーが増える

・調理セットに入っているとお手軽

 


 

スポンサーリンク

離乳食にすり鉢を使うポイント

すり鉢でおかゆを作る
まずはここを押さえれば常にキレイで衛生的に使えるよ
たかがすり鉢されどすり鉢だね

熱湯で消毒する

まず使うとき、容器が耐熱なら熱湯をかけて消毒しましょう。

素材は樹脂より陶器の方が熱には強いですから、心配ないですよ。

熱湯が用意できない場合はアルコールでも構いません。

よく洗う

当たり前ですが、使ったらよく洗いましょう。

すり鉢は細かい溝がたくさんありますから、その間に汚れが入りこんでしまいます。

ブラシやたわしなども使うと、なお良いですよ。

ちゃんと乾かす

使って洗い終わったら、ちゃんと乾かしましょう。

離乳食の容器だけでもいいので、乾いたタオルで水気を拭き取ってください。

湿気が多い時期ですと、カビの原因になりかねませんから。

 


 

離乳食にすり鉢を使うメリット

すり鉢
すり鉢の良いところって何?
離乳食の幅が広がることかな

すり鉢は裏ごし器より粗目に食材を調理できます。

裏ごし器はどちらかというと、ペースト状にするのが目的で、主に初期に使うことが多いですね。

すり鉢はそれよりも、もう少し食感が残るくらい粗目になるので、離乳食が慣れてきた頃から使う出番が出てきます。

そうすると、食材の掛け合わせが出来るので、マンネリを防ぐことが出来ます。

後ですり鉢のレシピも紹介しますね!

 


 

離乳食にすり鉢を使うデメリット

すり鉢の汚れ
すり鉢の悪いところは?
欠点は清潔に保ちづらいところだよ

先にも触れましたが、すり鉢というのは細かい溝がたくさんあるので、そこに汚れが付着してしまいます。

ちゃんと汚れを落とさないと、不衛生です。

しかも赤ちゃん用の器ですから、なおさら気を付けないといけません。

僕もよくすり鉢や裏ごし器を使ってましたが、他の食器よりかは念入りに洗ってましたね(笑)

 


 

離乳食のすり鉢の汚れを落とす方法

食器を洗う
じゃあ汚れたすり鉢をキレイにするにはどうしたらいいの?
ぬるま湯に30分付け置きするだけだよ

ある程度の汚れは普通のスポンジで落ちるようになっていますが、なかには落ちにくい汚れもつくことはあるかと思います。

「ちょっと勢いよくすったかも」と思ったら、ぬるま湯を直接、すり鉢に注いで放置でOK。

汚れをふやかすことで、落ちやすくするためです。

30分以上置いておけば、後は普通にスポンジで落ちます。

特に樹脂製・プラスチック製だとニンジンやかぼちゃ、ほうれん草などの濃い色の野菜は色移りする可能性があります。

そんなときは重曹を少しぬるま湯に混ぜて置いておくだけで大丈夫です。

爪楊枝でほじらなくてもいいんですよ(笑)

 


 

離乳食のすり鉢は調理セットに入ってる

調理セット
すり鉢はどこで売ってるの?
だいたいは離乳食の調理セットに一緒になってるよ

すり鉢だけ単体で買おうとすると、大きめのサイズになってしまいます。(ごますり用とか)

離乳食用なので、もっと小さくてコンパクトのものがベストです。

ほとんどのすり鉢は離乳食に使う器具が一式入ってる調理セットの中に入っています。

裏ごし器や器が3つも4つも入っていたり、便利グッズも入っていたりと、子どもの離乳食が始まるのなら、まずはコレを押さえた方がいいでしょう。

中にはワンプレートタイプとかもありますね~

デザインや使い勝手を考えたら、迷うかもしれませんが、あなたのお子さんに合った調理セットを買いましょう。

▼調理セットの記事はこちらをご覧ください。

離乳食調理セット

【全部入り】人気の離乳食調理セットの口コミまとめと賢い選び方!

2019年5月30日

 


 

離乳食のすり鉢レシピ

すり鉢って離乳食の幅が広がるのは分かったけど、具体的にどういうこと?
代表的な例をいくつか挙げてみるね

しらす粥

初期において、しらす粥は定番メニューです。

これはペーストの紹介になってますが、単純におかゆと混ぜて食べさせてあげましょう。

なすのそぼろ煮

なすは中期から食べさせることが出来ます。

夏の野菜ですが、案外余ることもしばしばあるので、消費したいな~という時に作りたい一品ですね!

大根と豆腐のとろとろ

豆腐は何にでも合うので、オススメです。

根菜類は熱を加えると甘味が出るので、他にもかぼちゃ、にんじん、さつまいもなどで代用してもOK。

 


 

離乳食のすり鉢まとめ

離乳食をつくる上ですり鉢は大きくて場所を取ったりするので、後回しにしがちなのですが、離乳食のレシピのレパートリーを増やすためにも1個はあった方がいいです。

お手入れ方法もポイントさえ押さえればさほど難しくありません。

色んな離乳食が作れるようになれば、赤ちゃんも笑顔で食べてくれるし、親である僕らも嬉しくなります。

「楽しく」食べることが何より大事なんです!

 

調理セットなら小さめなので、幅を取らないですよ!