【知っておくべき】ミルクの作り置きはOK!何時間までなら大丈夫?

授乳期

どうも、凪です。(@nagimd178)

赤ちゃんが生まれるととにかく可愛いですよね~

毎日何回もやらなければならない、ミルクとおむつ。

いっそのこと、まとめて作っておきたい!
それも手段だけど、衛生面に注意だね

おむつは取り替えるだけですが、ミルクに関してはタイミングや量、赤ちゃんの機嫌などの色んな理由で左右されます。

いちいち作るのがちょっと面倒・・・

調乳が難しい

夜中で頭が回ってないとき

そう考えたらミルクの作り置きってしてあったら、便利だろうな~と一度は考えてしまいますよね。

果たしてそれは正解なのでしょうか?

本当にミルクの作り置きってしても大丈夫なの?と疑問に思っているあなたにミルクの作り置きに関しての注意点やポイントをまとめたので、参考にしてくださいね。

▼基本の作り方はこちらの記事をご覧ください。

【基本】正しいミルクの調乳の方法!お湯は何度?衛生を第一に考えた手順を紹介

2019年2月5日

 


 

スポンサーリンク

ミルクの作り置きはNG?

ミルクの計量
ミルクの作り置きって大丈夫なの?
基本的には良くないけど、条件次第でOK

基本的にはミルクの作り置きというのは推奨されてません。

どこのミルクメーカーも同じです。

やはり衛生面が一番の理由でしょう。(OKの条件については後述します)

手間を考えるのなら作り置きというのは確かに楽なんですが、赤ちゃんのことを考えると安全なミルクを飲ましてあげたいですよね。

ミルクはだいたい40℃前後で作りますが、ずっとそのままにしておくと何らかの原因で雑菌が繁殖してしまう可能性があるからです。

特に赤ちゃんは大人と違って、免疫力がまだまだ低いです。

正しい手順でミルクを作り、自分の手や哺乳瓶の消毒など、衛星に気を使いましょう。

病気や感染のリスクは考えられるものは全てゼロにする必要があります。

したがってミルクを作るのは飲ませる直前が望ましいでしょう!

注意点

常温で保管すると雑菌が増える可能性アリ

なるべく飲ませる直前が安心

▼哺乳瓶の消毒はこちらをご覧ください。

【安心安全】哺乳瓶の消毒の方法はどれがいい?それぞれのメリットとデメリット

2019年2月7日

 


 

ミルクの作り置きはポイントを押さえれば大丈夫

ミルクを飲む赤ちゃん
少しくらいなら作り置きしてもいいんじゃない・・・?
守ってほしいポイントを教えるね

結論から言うと、注意点を守れば飲めます。

上記でも言いましたが、ミルクの作り置きは推奨されていないだけで、禁止されているわけではありません。

では、その気を付けるポイントとは?

ポイント

常温は2時間を目安に捨てる

冷蔵保存は24時間を目安に捨てる

たったこれだけです。

じつはこれはWHO(世界保健機関)とFAO(国連食糧農業機関)が発表してる「乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン」に明記されています。

厚生労働省もミルクの作り置きに関しては室内と冷蔵庫保存である程度の時間の余裕を認めています。

ただこれらあくまでも、清潔な環境が大前提です。

くれぐれも自己責任ですよ!

▼調乳ポットでまとめて作れちゃいます。あわせてこちらもご覧ください。

コンビの調乳ポット

【厳選】調乳ポットおすすめ5選!ミルク作りを楽にするグッズの口コミまとめ!

2019年2月6日

 


 

作り置きしたミルクの飲み残しは捨てる

NGを出す女性
飲み残したミルクはとっておいたらさすがにマズイ?
あまり褒められたことじゃないね(笑)

ミルクをあげていると、ほとんど残すことだって時にはあるでしょう。

そこまで口にしていないし、もったいない・・・

飲み残しのミルクって大丈夫なの?

 

赤ちゃんが口につけたミルクは必ず捨てましょう。

赤ちゃんといえども、唾液には必ず体内雑菌が付いてます。

飲み残しのミルクには20分でその雑菌が繁殖することが実験で分かっています。

それは冷蔵庫保存だろうと同じです。

そんなミルクを赤ちゃんに飲ませるわけにはいきませんよね?

もったいなくても勇気を持って捨てましょう!

 


 

ミルクの作り置き=調乳を楽にする

哺乳瓶の後ろで赤ちゃんにキスをするママ
調乳を楽にするという思考に持っていこう
作り置き自体悪いことじゃないし、気楽で考えればいいか!

赤ちゃんが小さいうちは2~3時間おきに授乳だったりミルクだったりで、深夜だろうとそれはやってきますよね。

そのたびにミルク作って、測って・・・というのはしんどいです。

作り置きしてたら、どんなに楽かと考えがちですが、せいぜい2時間くらいしか持たないので、常備は難しいです。

そこで調乳を楽にするという考え方に持っていきましょう。

方法は様々です。

寝る前でも2~3本の哺乳瓶をまとめて消毒して、すぐに取り出せるようにしておきます。

我が家はいつでもお湯と水が出るウォーターサーバーがありますので、それを活用してますね。

 


 

ミルクの作り置きは外出先にも使える

外出前のミルクの準備
外出先に作ったミルクを持っていけばその場で作る手間が省けるよね
そういう考え方か~便利だね!

ミルクは子どもによりますが、1歳でも2歳でも飲みます。

家族でお出かけしていて、ミルクが必要な時ってありますよね。

外出先だと水とお湯があるとも限らず(ない時がほとんどでしょう)パッと作れるかどうかですよね。

そんなときは家で作って持ち運ぶのが便利でしょう。

ペットボトルホルダーに入れれば、作ったミルクを入れて持ち運べます。

本来は500mlのペットボトルをいれるものですが、哺乳瓶でもOKです。

魔法瓶や水筒にお湯を入れて、調乳用の水も持ち運びとなると荷物が多くなったり手間なのがデメリット。

ちょっとしたお出かけくらいなら、これで間に合うはずです。

何本もあっても冷めちゃいますからねー(ホッカイロとかもアリ)

繰り返しになりますが、作ったミルクは2~3時間以内に飲ませてくださいね。

念のために温度のチェックも忘れずに!

ポイント

熱めに作っておく

何本も用意する場合はホッカイロを用意する

 


 

まとめ

基本的にミルクの作り置きは良くないです。

ただし、衛星が行き届いた環境という条件であれば2~3時間で常温保存は許容範囲です。

冷蔵庫保存なら24時間以内です。

ミルクを作るのも大変ですよね・・・

いかに楽にしたいかは誰だって思うはずです。

それは間違ってないです。

なので衛生に気を使いながら、楽に出来るのなら作り置きはしてもいいと思います。

我が家も冷蔵庫保存ならしてます。(あとは湯せんで温め直すだけなので)

くれぐれも自己責任でお願いします!

 

僕らは作り置き容認派です!