【離乳食】赤ちゃんの好き嫌いを対処する方法!嫌いなものがあっても悪くない!

トマト その他

どうも、食生活アドバイザー2級を持っている凪(ナギ)です。(@nagimd178)

今回は子どもの好き嫌いについてです。

これはもはや子育てにおいて永遠のテーマのようなものとなっていますね。


子どもの好き嫌いはどうやって直そう・・・
離乳食からの取り組みがミソだね

子どもの好き嫌いについて悩んでいるママ・パパはきっと多いことだと思います。

でもそんなに悩まないでください。

みんな誰だって経験する道です。

この記事では、赤ちゃんの好き嫌いを克服するにはどうしたらいいか、妊娠中の食生活の関連性も含めて書いていきます。

こんな人に読んで欲しい

・子どもの好き嫌いが始まって悩んでる

・離乳食の食べ方にムラが出てきた

・子どもの好き嫌いを克服させたい

 


 

スポンサーリンク

赤ちゃんの好き嫌いを対処する方法

離乳食
赤ちゃんの時の好き嫌いって克服できるの?
具体的に離乳食からの取り組みを紹介するね

離乳食の進み方は赤ちゃんそれぞれで、好き嫌いもそれぞれです。

個人差はありますが、我が家も実践している有効な方法を紹介します!

味付けを変えてみる

もし子どもが離乳食を受けつけてくれないのなら、いつもの味付けと少し変えてみましょう。

例えば、にんじんを茹でてそのまま食べさせると、味気がありませんので、そこに和風だしを加えるなど。

特に離乳食完了期は歯が生えてきているので、歯ごたえがあるものが好まれる傾向がありますから、生野菜にしたり大きめにカットしたりすると食べてくれることがあります。

多めに盛る

これには2つの意味があります。

ひとつはこぼすからです。

月齢が大きくなってくると、大人しく離乳食を食べてくれませんし、上手に食べてもくれません。

落ちたものはあまり食べさせないほうがいいので、ある程度それを見越して盛ることです。

もうひとつは、親であるあなた方と一緒に食卓を囲った方がいいからです。

たとえ離乳食を食べなくても親がご飯を食べていたら、子どもも「美味しそう」と感じてもらえるからです。

そうすれば、離乳食に手を伸ばしてくれるという感じですね。

自分で食べさせてみる

大きくなれば子どもは自分で食べたがるものです。

手掴みでもいいので、浅めの器に盛りつけてあげて後は任せればいいです。

目は離せないかもしれませんが、一応自分の両手は空くので自分のご飯は食べられるかと・・・

嫌いなものを最初に食べさせる

赤ちゃんはお腹が空いてれば、ある程度のものは食べてくれます。

なのでそのうちに嫌いなものを食べさせることは理にかなってます。

うまく行かない場合ももちろんありますが、様子見ながら食べさせてください。

僕の子どもはフルーツ全般が今のところ食べてくれません・・・(-_-;)

 


 

赤ちゃんの好き嫌いの原因とは

泣く赤ちゃん
なんで好き嫌いなんかが出ちゃうんかね
ざっくり言うと、2つの原因があるみたいだよ

子どもの好き嫌いの原因となるのは遺伝的要因環境的要因に分けられます。

遺伝的要因は親の好き嫌いが影響され、環境的要因は食を取り巻く環境から影響されます。

小さいころから様々な食を経験している子どもの方が好き嫌いが少ないというのは明らかです。

日々の暮らしのなかでいかにネオファビアという経験を乗り越えられるかが大事です。

ネオファビアとは

新奇恐怖のことで、自分にとって初めての経験や、新しいものに対して、恐怖心や警戒心を抱くこと

これは赤ちゃんが自分にとって有益なのか、害悪なのか直感で判断しているのです。

もし食べたもので下痢や熱などの症状を起こしたら、もうこの食べ物は食べたくない!とカラダが覚えてしまって受け付けません。

しかもこのネオフォビアがイヤイヤ期と重なったら、難しいかもしれません(笑)

もちろんその逆もしかりで、食べたもので元気になったり満足感が感じられるようなら、赤ちゃんがその食べ物が好きになっていくと実証されています。

基本的に子どもは親のマネをしますので、この食べ物を克服してほしいと願うのなら、自分も食べましょう。

 


 

赤ちゃんの好き嫌いは悪じゃない

自分でご飯を食べる赤ちゃん
好き嫌いは悪いことじゃないということを強くお伝えします!
そう考えると気が楽になるよね

離乳食を食べてくれなくなったという話はよく聞きます。

僕の子どももそんな時期がありました。

決まった食べ物しか食べないというか・・・

でもそんなに心配することはありません。

結局食べてくれるんです。

大人になるまで食べてくれたらそれでいいんですよ。

極端な場合は除いて、好き嫌いはある程度誰にだってありますし、大人になってもそれは変わりません。

気を抜いて楽になりましょう。

 


 

赤ちゃんの味覚が形成する時期

寝ている赤ちゃん
赤ちゃんの味覚はお腹の中にいるとき、しかも初期には形成されるんだよ
そんなに早いうちから!?

人間は味覚を感じる味蕾(みらい)という器官があります。

具体的に言うと舌の上にあるブツブツです。

この味蕾が妊娠7週目には赤ちゃんに出来始め、どんどん増え続け、生後3か月がピークとなります。

さらに赤ちゃんは羊水を飲むことも分かってます。

妊娠27週目あたりになると、赤ちゃんは羊水を通して、味が分かってくるようになります。

▼詳しくはこちらをご覧ください。

覗く赤ちゃん

【びっくり】赤ちゃんは羊水を飲む!羊水の味を楽しむことが初めての食育

2018年9月5日

 


 

妊娠中の食生活と赤ちゃんの好き嫌い

サラダを食べる女性
ちなみに妊娠中の食生活で子どもの好き嫌いって関係あるの?
遡ればその辺から気になるよね

妊婦さんってホルモンバランスの関係で食べたいものは本当に変わりますよね。

じゃあお母さんの食べたものがお腹の赤ちゃんの好き嫌いに影響するのか?

答えはなり得ます。

妊娠中によく好んで食べていたものが、子どもの好物になっているという話はけっこうあります。

とある面白い実験があります。

A. 妊娠中と産後にニンジンジュースを飲んだ母親

B. 産後にニンジンジュースを飲んだ母親

C. 妊娠中も産後もニンジンジュースを飲まなかった母親

の3つのグループに分けて、赤ちゃんのニンジンへの抵抗を試しました。

結果はAのグループの子どもたちで、ニンジン嫌いが最も少なかったと報告されています。

これはなかなか面白い結果になったと感じます。

「将来、この子は野菜嫌いになってほしくない」と願う親は多いでしょう。

なので、我が家は野菜、めっちゃ食べます!毎日食べます!

妻の実家は農家なので、ありがたいことにちょくちょく野菜やお米を送って来て頂いてます。

注意

あくまで影響されうる、です。

専門家でも意見が分かれるところなので、参考程度にしておきましょう。

 


 

赤ちゃんの好き嫌いまとめ

基本的に赤ちゃんの好き嫌いは離乳食の取り組み方次第で決まると考えてください。

妊娠中の食生活にも影響されうる部分もありますが、あくまで「かもしれない」です。

離乳食でなるべく多くの食材を食べさせて、たくさんの食の経験を積ますことが一番重要です。

そして親であるあなた方夫婦の食事の摂り方も大事です。

子どもは親のマネをして育ちますからね!

 

言い換えれば子どもがモノ判別ができるようになったという成長ですね~

 

まとめポイント

・好き嫌いは悪いことじゃない

・離乳食から幅広い食を経験させることが一番

・妊娠中の食生活にも関係性はある可能性あり