【基本】正しいミルクの調乳の方法!お湯は何度?衛生を第一に考えた手順を紹介

授乳期

どうも、凪(ナギ)です。(@nagimd178)

ミルクを作ることを調乳と言いますが、これがまた大変ですよね・・・

子どもが泣いたら作らないとだし、新生児なら2~3時間おきなのでなおさらです。

ミルクを作っていると、「あれ?こういう時どうしたらいいんだろう」とか「この方法で合ってるのかな?」と疑問に思うことって訪れるんだよね
必ずしも説明書通りとも限らないもんね

完全母乳の場合を除いて、ミルクは必須です。

完全母乳だとしても移行するまでに赤ちゃんはミルクは飲みます。

この記事では安全かつ衛生第一の手順を紹介します。

その他にも調乳を楽にするグッズや出来るタイミングなどにも触れています。

読み終えれば、スッキリ解決しますし、楽に作れる方法も知れて肩の荷がおりますよ!

こんな疑問を解決します

・ミルク作りの手順が分からない

・調乳のお湯は何度?

・奇数量で作りたいけど、付属のスプーンで計量できない

・もっと楽にミルクを作れる方法を知りたい

▼母乳とミルクの違いについての記事はこちらの記事をご覧ください。ぜひパパは読んでください!

ミルクをあげている父親

【必読】母乳とミルクの違いって何?パパも読んで子育ての第一歩を始めよう!

2019年1月7日

 

スポンサーリンク

清潔で正しい調乳の方法

まずは衛生面を第一に考えた清潔かつ正しいミルク作りは知っておくべきだね
最初が肝心だもんね

衛生面を考えれば用意しなければならないものはたくさんあります。

  1. 哺乳瓶と乳首
  2. やかん、もしくはポット
  3. 専用スポンジ
  4. 乾いたタオル
  5. アルコール
  6. 手洗い用石鹸
  7. 粉ミルクと専用スプーン

最低でもこれらは必要でしょう。

専用のグッズなんかも入れたらもっと数は増えますが、それは後で紹介します。

新生児の頃とか母乳が出ないときとかは、これくらいの清潔さは求められます。

では手順を紹介しますね。

手順①手洗いと哺乳瓶を消毒する

この哺乳瓶の消毒方法はいくつかのパターンがあります。

赤ちゃんの口に触れるわけですから、衛生的にキレイでなければなりません。

念のため、自分の手も洗いましょう。

ミルトンなんかは鉄板ですよね~

▼哺乳瓶の消毒についてはこちらの記事をご覧ください。

【安心安全】哺乳瓶の消毒の方法はどれがいい?それぞれのメリットとデメリット

2019年2月7日

手順②沸騰したお湯を用意する

沸騰したお湯だけだと熱いので、湯冷まし用の水も用意しましょう。

ミルクの適温は人肌です。

飲ませるときは何滴か自分の手に垂らして温度確認しましょう。

赤ちゃん用の湯冷ましの水はこれが鉄板ですね。

手順③粉ミルクを軽量して混ぜる

70℃のお湯は最初に少しだけ注いで、ミルクが溶けやすいように哺乳瓶を回しましょう。

そのあとに残りのお湯を注いでください。

湯冷ましの水を使うのなら、水が最初でも構いません。

今のミルクは昔と違って、水でもお湯でも溶けやすくなっているようです。

▼おすすめの哺乳瓶はこちらの記事をご覧ください。

哺乳瓶

【徹底比較】オススメ哺乳瓶5選!選び方や買うポイントも教えます!

2019年4月8日

 


 

簡単な調乳の方法

月齢が進めば、ある程度手抜きしてミルク作りはしても大丈夫だよ
確かにその通りだね・・・

最初こそ衛生面を第一に考えた正しい手順でやった方が望ましいのですが、月齢が進めばそこまで気にすることはないです。

赤ちゃんにも抵抗力は付いてきます。

ミルク作りは衛生が第一なのは間違いないですが、細かいところまで気を付けるとなると用意しなければならないものが多いです。

最低限の衛生面に気を付ければ、そこまでの道具を揃える必要もないですし、手間もかかりません。

まずは我が家が実践していた例を紹介しますね。

  1. 粉ミルクは冷暗所保管で計量スプーンは入れっぱなし
  2. ウォーターサーバーのお湯と水を使う
  3. 専用のスポンジで洗う
①の粉ミルクのスプーンに関しては、メーカーとしては毎回洗うことを推奨してますが、我が家はそんなことはしてませんでした(笑)

他の家庭でも洗ってるところは少ないんじゃないでしょうか?

水分が残っていたら粉ミルクが固まってしまうし、保管場所も冷蔵庫ではなく冷暗所です。

冷蔵庫だと粉ミルク自体が固まります。

なので、スプーン入れっぱなしで冷暗所保管で大丈夫です。

②はウォーターサーバーを使って楽チンでした!

ウォーターサーバーは何と言ってもすぐにお湯が出ることです。

ウォーターサーバーのお湯はかなり熱いですが、完璧に熱殺菌は出来ます。

あとは冷水で割れば、問題なしです。

▼ウォーターサーバーの安全性についてもこちらで解説しています。

ウォーターサーバーの水

【体験談】ウォーターサーバーのメリットとデメリット!子育て世代に必要?

2019年6月10日
③は哺乳瓶用のスポンジを用意しましょう

普段使っているスポンジには雑菌がたくさんいます。

便座よりいるって話も聞くくらいですからね・・・

なので別のスポンジを用意して、毎回でなくてもいいので定期的に漂白もしておきましょう。

 


 

ミルクの調乳の温度は70℃以上が望ましい

 

やかん
ミルク作りに適温なのは70℃だよ
ちゃんと決まってるんだ!

ミルクというのは、70℃以上のお湯で作ることが国際基準で推奨されています。

そして調乳した後はちゃんと人肌の温度まで冷ますことが重要です!

流水やボウルに水を貯めて冷ましましょう。

▼赤ちゃん用の純水で割るのもアリですよ。

 


 

ミルクの調乳は奇数量ではなく偶数量で

哺乳瓶
やっぱり奇数量は作れないの?
ミルクを作るときは偶数単位で作ったほうがいいよ

付属の計量スプーンは20ccだから、なんとか奇数量で作りたい!と思っているあなた。

別に奇数量で作る必要派なんてありません。

ミルクが少ないと、赤ちゃんがぐずったり、眠ってくれなったりするものです。

例えば新生児の時に一回の授乳分の60ccで足りなくて、慌てて追加で40cc作ってけど、余ってしまった・・・なんてことは誰にでもよくあります。(我が家もよくやってました)

足りなくて作るくらいなら、余ったのを捨てる方がまだ楽ですよね?

ミルクは赤ちゃんが飲みたい時に飲みたい分だけ飲ませてあげるのが鉄則です。

大は小を兼ねます。

 


 

ミルクの調乳を楽にするグッズ

完全母乳は除いて、普段の調乳を楽にするグッズなんかもあるよ
そういうのはやっぱり便利だよね

僕の子どもも最初は混合だったので、ミルクを作ったりしていましたが、やはり手間のかかるものです。

少しでも負担を減らしてくれるグッズを我が家の場合も含めて紹介します。

特に外出先で活躍してくれますよ!

調乳ポットを使う

調乳ポットとはお湯を70℃に保つポットです。

普通のポットだと90℃以上になってしまうので、熱すぎるんですね。

なのですぐにミルクに適した温度にできるのがメリットです。

調乳ポットには煮沸機能が付いたものと、保温機能だけのものと別れてます。

こんな人にオススメ

ケトルやポットを持っている場合は保温機能だけのもので十分。

作り置きに抵抗があるのであれば、煮沸機能があるものにしましょう。

▼調乳ポットの記事はこちらをご覧ください。

コンビの調乳ポット

【厳選】調乳ポットおすすめ5選!ミルク作りを楽にするグッズの口コミまとめ!

2019年2月6日

ウォーターサーバーを使う

一般家庭の水道水はカルキ(残留塩素)が含まれているので、一度煮沸する必要があります。

しかしウォーターサーバーの水であれば、自然水(軟水)なので安心してそのまま飲めます。

日本の水道水は世界的に見てもキレイな方ですが、それでも安心安全志向は根強くあります。

特に都会の水はちょっと変な味がする・・・といったこともありますよね。

我が家はウォーターサーバーを使ってます。

もともと僕が独身の時に使ってたので、そのまま使ってる感じです。

沸騰させる手間がないから、超絶楽です!

▼我が家も使っているウォーターサーバーはこちらです!

ウォーターサーバーの水

【体験談】ウォーターサーバーのメリットとデメリット!子育て世代に必要?

2019年6月10日

魔法瓶を使う

調乳ポットは赤ちゃんの時だけしか使わないし、ウォーターサーバーは費用がかかる・・・
ならば魔法瓶はどう?

夜中にお湯を沸かして、冷まして、ミルクを作って・・・なんてしたら15分はかかります。

その間に赤ちゃんは大泣き・・・

作り置きとは違いますが、沸騰したお湯を魔法瓶(水筒)に入れておくんです。

そうすれば、お湯はすでにあるので、すぐにミルクが作れますよね。

こんな時におすすめ

外出するときに便利ですよ!

▼ミルクの作り置きに関してはこちらの記事をご覧ください。

【知っておくべき】ミルクの作り置きはOK!何時間までなら大丈夫?

2019年1月28日

 


 

ミルクの調乳まとめ

調乳という言葉自体、あまり聞かないかもしれませんが、ミルクを作ることはそう難しくないです。

ただ慣れていない最初の頃は、けっこう分からないことが多いですよね。

僕も粉ミルクの缶に書いてある手順を見ながら、(妻にも聞きながら)あたふたして作ってました。

特にパパ側からしたらミルクを飲ませることは育児においての第一歩です。

ちゃんと美味しいミルクをお子さんに飲ませてあげましょう!

まとめポイント

・新生児なら衛生面第一で、正しい手順でミルクを作る

・月齢が大きくなれば、手抜きOK

・ミルクは70℃以上のお湯で溶かす

・便利グッズを使うと負担が減る

ミルクなしでは育児は語れませんよ!