【おすすめ】離乳食の本まとめ!進め方が分からなくてもこれを読めばスッキリ!

積み上げられた本 離乳食

どうも、食生活アドバイザーの凪(ナギ)です。(@nagimd178)

子どもが生まれて最初はミルクや母乳ですが、大きくなってくればそろそろ離乳食が始まりますね。

離乳食は進め方が分からない・・・
みんな誰だってそうだよ。僕ら夫婦もそうだったし

特に初めての子どもとなると、離乳食の進め方って分かりませんよね?

僕ら夫婦もやはり右も左も分からなかったので、様々な離乳食関連の本を読んで勉強しました。

そこで今回は僕ら夫婦が読んでみて良かったものを含めて厳選して紹介します。

さらにそれらを「入門」「忙しい人」「こだわりたい人」の3つのニーズに分けてますので、ぜひあなた方夫婦にぴったり合ったものを選んでくださいね!

こんな人に読んでほしい

初めての離乳食で進め方が分からない

離乳食の本を読んでみたい

今まで読んだ離乳食の本がイマイチ

オススメの離乳食の本を知りたい

▼初めての離乳食の進め方はこちらにまとめてあります。

10倍がゆ

【ゴックン期】初めての離乳食!これを読めば離乳食の疑問がスッキリ!

2019年5月7日

▼ある程度慣れてきたらこちらの記事をご覧ください。

離乳食と野菜

【モグモグ期】7~8カ月頃の離乳食の進め方!2回食へのステップアップ方法!

2019年8月7日

 


 

スポンサーリンク

離乳食の本の選び方

基本的に本はリサーチや選び方が大事だよ
星の数ほどあるからそこは重要だよね

月齢別に載っている

赤ちゃんはとても繊細で1カ月違うだけで、食べ方が違ってきます。

時期で分けるのなら、初期~後期、もしくは完了期となりますし、赤ちゃん体調によっては食材の固さを調節する必要があります。

そのあたりの詳しいことが月齢別で書いてあるのが望ましいです。

最新刊を選ぶ

食を取り巻く環境というのは、時代に応じて変わっていくものです。

例えば食物アレルギーや赤ちゃんにハチミツはNGというのは、現在はよく知られていますが、ひと昔前ではあまり認知されてませんでした。

本の最後の方に発行年が記載されているはずなので、チェックしてみてください。

レシピが多い

離乳食は中期くらいになってくると、レパートリーが増えてくるので、毎日献立を考えるのは大変です。

しかも大人用も作らないとですからなおさらです。

なのでなるべく多くのレシピが載った離乳食の本の方が献立に悩む必要はありませんよ。

 


 

【入門編】おすすめの離乳食の本

まずは離乳食のいろはを教えてくれる入門書を紹介するね
最初の1冊には持って来いだね

最新版らくらくあんしん離乳食

これは僕らが一番最初に購入した本です。

離乳食の総合的な情報を網羅していて、しかも離乳食を食べてくれないときの方法やアレンジレシピなど細かい悩みまで載っているのがポイントです。

しかも電子版も発行されているので、外食の時に気を付けたい食材をチェックできるのでオススメです。

電子版なら本棚がかさばらないのも良いね!

▼栄養面はこちらでまとめてあります。

まな板と野菜

【不安解消】離乳食の栄養はこれだけ覚えれば簡単!コツを掴んで楽しく作ろう!

2019年8月23日

はじめてママ&パパの離乳食

この「はじめてママ&パパ」シリーズはとても人気があり、常に楽天やアマゾンのランキング上位を占めています。

フルカラーでとても見やすく、実際の食材の大きさや一覧表や目安を本から切り取って使えるので、実用面では他の本と大きくリードしています。

切り取った表を冷蔵庫に貼っておけば、わざわざ本を開く手間が省かれて便利です!

離乳食新百科

この本の特徴は与えてはいけない食材を理由付きで詳しく乗せてるのが安心できるポイントです。

その他にも歯の発達や姿勢といった食以外の部分も網羅しているのも特徴的です。

もちろん進め方や基本を押さえてるので、持っていて間違いない1冊でしょう。

レシピや食べていいものなどを中心とした本が多くある中、この本はかゆいところに手が届く内容となっています!

▼食育の本に関してはこちらをご覧ください。

積み重ねられた本

【厳選】おすすめの食育の本6選!幼児と小学生の家庭別にまとめてみた!

2019年8月26日

 


 

【忙しい人向け】おすすめの離乳食の本

次は忙しかったりズボラだったり、とにかく手間と負担を極力少なくしたい人向けの本を紹介するね
まさに現代人向けになるね

忙しいママ&パパのためのフリージング離乳食

生後5か月~1歳半までの離乳食を1週間まとめて作れる方法を載せています。

うまくフリージング(冷凍保存)を活用して、離乳食を作る負担をグッと減らしてくれる内容となっています。

特徴的なのが二次元バーコードを読み取ると、動画で見れるのが嬉しいポイントです

動画で見れるのは分かりやすいです!

▼フリージングはこちらをご覧ください。

【必須】離乳食のフリージングの方法とは?コツを掴んで簡単に作ろう!

2019年9月13日

フリージング離乳食 ― 1週間ラクラク

特に初期~中期は下ごしらえやフリージングがコツとなります。

この本は食材別の冷凍保存方法や解凍方法やレシピなど細かく載っています。

これを読んで納豆やトマトも冷凍保存できるとは知りませんでした・・・

意外な食材のフリージングも紹介されているので、とても参考になります!

小児科医のママが教える 離乳食は作らなくてもいいんです。

これは他の本と全く異なり、手作りの離乳食ではなく市販のベビーフードを推奨しているところです。

そんな常識を打ち破る内容で、肩の荷が下りて楽になります。

確かに毎日3食を作るとなると、かなりのハードワークですし、特に日本は海外より手作り志向が強いそうです。

僕は食育を大事にしている立場もあるので、完全なベビーフードをオススメはしないですが、少しくらいならしてもいいと考えてます。

気を張らずに楽になる、ということも大事です!

 


 

【こだわりたい人向け】おすすめの離乳食の本

今度は逆に食にこだわりたい人向けにおすすめの離乳食の本を紹介するね
アレルギーとか見た目とかも気になるもんね~

和の離乳食 本物の味を赤ちゃんから

日本料理店「分とく山」の料理長である著者が、素材にはそれぞれ自然の恵みにあふれた美味しさがあることを伝えています。

赤ちゃんにも大人にも使える日本料理のレシピを紹介しており、献立を考えなくても大丈夫です。

それにシニア世代向けとして減塩料理としても活用できるので、全世代向けの食の本といったところでしょう。

今度は逆に食にこだわりたい人向けにおすすめの離乳食の本を紹介するね

▼離乳食に使いたい野菜はこちらにまとめてあります。

緑黄色野菜

【鉄板】離乳食の初期に使いたい野菜まとめ!食べやすくするコツとは?

2019年5月13日

おとなごはんと一緒に作るあかちゃんごはん

こちらは助産婦のもとで結成された育児ママたちが自分たちの経験をもとに作った本です。

離乳食はわざわざ大人たちと別で作る必要はなく、大人と一緒のメニューでいいんだという想いが込められており、「取り分け」を重点にしています。

大人用としてのレシピが中心で、その過程で、どのタイミングで離乳食として取り出すのかが詳しく書いてあるので、離乳食の負担も減りますね!

特に後期や完了期になれば、フリージングより取り分けの方が効率が良いです!

食物アレルギーをこわがらない! はじめての離乳食

離乳食をはじめるうえで不安に思うのが「アレルギー」のことです。

10人に1人は食物アレルギーを発症すると言われており、重症だとアナフィラキシーショックで死に至ることもあります。

この本がそれに特化しており、特定原材料7品目の与え方や進め方が細かく書いており、安心して赤ちゃんに食べさせることが出来ます。

バナナやリンゴといったフルーツ系は僕の子どもは食べてくれません・・・

もしかしたら進め方がよろしくなかったのかもしれませんね(-_-;)

もっと早くこの本を読めばよかったと後悔しています(笑)

 


 

おすすめの離乳食の本まとめ

離乳食の本と言っても、フリージングや取り分け、入門書やベビーフードなど多岐に渡ります。

僕ら夫婦も試行錯誤しながら離乳食を進めています。

せっかく作っても食べてくれないとかザラです(笑)

先輩ママのアドバイスとか載っているものとかは励まされるし、心が楽になります。

あなた方夫婦のライフスタイルや好みにあった本を選びましょう。

 

離乳食の本は必須なので、最低でも1冊は用意しておいた方がいいですよ!